柔道整復師になるための道筋を考えて整える

将来柔道整復師を目指すために知っておきたいこと

スポーツトレーナーと医療機関の働き方

スポーツトレーナー

柔道整復師は、スポーツトレーナーとして活躍している傾向があります。スポーツ選手は怪我と隣合わせなので、そのサポートをする役割をしています。

医療機関

怪我や骨折などのケアをしてもらうために来院した患者さんに接骨院や病院などで施術を行う仕事を医療機関で働く人々が行っているのが特徴的です。

将来について考える

今、柔道整復師を目指している人達は、将来性や働き方について考えてみると良いでしょう。そうすれば今何から始めればいいのか明確に見えてくるはずです。

柔道整復師になるための道筋を考えて整える

レディ

柔道整復師になるには

柔道整復師は国家資格のため、国家試験を受けなければなりません。しかし、その国家資格の受験資格が必要です。定められた養成所学校か大学で三年以上学ぶことが求められます。過程を修了し、国家資格を受けて合格出来れば、柔道整復師として働くことが可能です。

仕事内容について

柔道整復師の仕事は、骨折や捻挫などのケアを行います。病院での治療と違う点は、薬や手術などの行為はなく手を使用しての施術になることです。そのため、テーピングなどのケアがメインとなります。

将来性について

今や超高齢化社会に突入してから、柔道整復師の需要はますます増えています。そのため、健康施設や介護施設などで筋力アップを指導したり、スポーツトレーナーとして活躍するなどの活躍の幅が広がっていると言えるでしょう。

目指すための情報をキャッチ

レディ

柔道整復師になるための道筋を考えて整える

柔道整復師になりたいと思った人に必見な情報がつまっています。さらに、柔道整復師の役割や将来性について考えられる記事が読めるでしょう。

READ MORE
勉強

理学療法士の国家試験は学んでこその合格率であることを知る

柔道整復師の専門学校で学ぶことや国家試験の難易度について触れています。これから専門学校などを探そうと思っている人にとって知りたい内容が書かれているでしょう。

READ MORE
男性

理学療法士の専門学校を目指す前に読んでおくこと

理学療法士の学校の選び方や適性人物像などがわかる記事があるので、理学療法士を目指している方々にピッタリな内容が読めるでしょう。

READ MORE
広告募集中